ブキビンタンにて人身売買?マレーシア人ムスリム女性を提供の広告

KL

外国人男性に向けて、「マレーシア人のムスリム女性を30万リンギット(約780万円)で提供する」という広告がブキビンタンのMRT駅近くにて発見された、とソーシャルメディアで話題になっている。

MCA Public Services and Complaintsの担当者は、「外国人は支払いの代わりに、ムスリム女性の名前で会社を設立したり、金融ローンを契約したりする恐れがある」と主張。

広告を出したのは40台のマレーシア人男性。

Islamic Development Malaysiaの担当職員が男性に対し、広告を取り下げることを要請。
広告主の男性は最初広告を取り下げることを拒否したが、話し合いの結果、男性は広告を取り下げることを承認。これにより、罰金等の刑は科されないこととなった。

タイトルとURLをコピーしました