マレーシア 同性同士で性行為をした男性5人が有罪に。6ヶ月の刑務所収監とムチ打ちの刑

ネットで話題

マレーシアの大手メディアHarian Metroの報道によると、11月7日にマレーシア セランゴール州のイスラム裁判所は、同性同士で性行為を行った5人の男性に対し、6ヶ月の収監と6回のムチ打ち、RM4,800(約12万7000円)の罰金を課した。
また、同容疑で逮捕されたもう一人の男性は、ムチ打ちと罰金に加え、更に1ヶ月長い収監となっている。収監期間が異なる理由は発表されていない。

5人の男性らは、昨年11月にマレーシア クアラルンプール郊外のアパートにて、逮捕されていた。

イスラム法では、同性同士での性交渉は「自然の秩序に反する」とされており、男性達は有罪判決を受けた。
イスラム法で同性同士の性行為は違法であるが、有罪の判決を受けるケースは珍しい。

裁判の公聴会に出席したゲイの権利活動家、Numan Afifiはメディアの取材に対し、「判決は不当で、私たちの国にとって恐ろしい」と語ってる。

イスラム国家であるマレーシアは、過去にも副首相が同性愛で有罪判決を受けた例がある。
また、首相であるマハティール氏が、マレーシアに滞在する同性愛の外国閣僚を国外追放する可能性を示唆したこともある。

タイトルとURLをコピーしました