エアアジアがスーパーアプリをリリース フードデリバリーやショッピングも

ビジネス

エアアジアがスーパーアプリをローンチ 航空券やホテル予約の他フードデリバリーやショッピングも

エアアジアは以前より制作中と発表していたスーパーアプリのローンチを行った。

現在各アプリストアでインストールが可能となっている。

スーパーアプリとは

スーパーアプリとは、複数のサービスが統合された総合アプリ。
マレーシアではGrabが代表的なスーパーアプリで、配車サービスやフードデリバリーの他、GrabPayによる決済や送金も可能で、その他にも清掃代行やホテルの予約もアプリで行える。

日本では、メッセージや通話、決済、ゲームなどができるLINEが代表的なスーパーアプリとなっている。

エアアジアの最高経営責任者のトニーフェルナンデス氏は以前より「GrabやインドネシアのGoJek、中国のWeChatに匹敵するフードデリバリーやショッピング、決済、エンターテイメント、旅行のオールインワンプラットフォームの開発を計画している」と語っていた。

エアアジアのリブランディング

エアアジアは、スーパーアプリ「airasia.com」をリリース。

エアアジアのアプリやウェブサイトは、これで飛行機をモチーフとしたロゴだったが、新しいアプリではAirAsiaの頭文字「a」を用いたデザインに変更されている。

かつてより、トニーフェルナンデス氏は「人々のライフスタイルに寄り添うサービスを展開する」といった旨の発言をしており、エアアジア=格安航空というイメージからの脱却を狙っているようだ。

これまでエアアジアのアプリでは航空券やホテルの予約などが可能だったが、これに加えて下記の複数の機能が加わった(2020年10月15日現在)。

  • Food(フードデリバリー)
  • Fresh(食品のデリバリー)
  • Shop(オンラインショッピング)
  • Insurance(保険)
  • Activities(遊園地や水族館チケット予約など)
  • Ikhlas(ムスリムコミュニティへの支援)

Grabなどの他のスーパーアプリと比べると、エアアジアのアプリはまだこれからというところだが、今後より充実していくと考えられる。

最大90%オフのプロモーションも

2020年10月15日現在、エアアジアのアプリでは航空券・フードデリバリー・食品デリバリーなどで最大50%オフオンラインショッピングで最大90%オフとなるプロモーションを行っている。

上記のプロモーション実施期間は不明。

【10月18日追記】
エアアジア公式Facebookで、10月19日より日替わりでセールの開催を発表。

How about another week of the airasia.com Super Sale? 😏

Surprise, surprise! We’re giving you MORE PROMOS in the next 7…

Posted by airasia on Sunday, October 18, 2020

起死回生の一手となるか

コロナウィルスのパンデミックにより、航空会社にとって厳しい状況が続いている。

エアアジアは、2020年8月25日に発表した4~6月の四半期決算では、RM9億9200万 (約250億円)の損失を発表。
同社の株価もコロナ禍以前は1株当たりRM1.5(約38円)あたりで推移していたが、2020年10月15日時点ではRM0.6(約15円)前後と半値以下に下落している。

Grab等の先行するスーパーアプリに比べてまだまだサービスが充実していないものの、
エアアジアは既にかなりの数の顧客基盤があるため、今回リリースしたスーパーアプリがどれだけ人々の生活に浸透できるか注目されている。

※画像はTwitter @airasiaとAirAsiaアプリから引用

タイトルとURLをコピーしました