Assassins わたしは金正男を殺してない 金正男殺人事件映画がストリーミング配信 クアラルンプール国際空港で発生

速報・時事

Assassins わたしは金正男を殺してない がストリーミング配信

金正男殺人事件の映画が公開

2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で発生した、金正男氏の殺人事件がテーマのドキュメンタリー映画Assassins(邦題:わたしは金正男を殺してない)」が2021年1月29日にストリーミングで公開された。

Assassinsはアメリカの映画監督 ライアン・ホワイト氏監督のドキュメンタリー映画。
金正男氏殺害事件の2人のアジア人の加害者=暗殺者(Assassins)に焦点を当てた映画

金正男殺人事件の概要

2017年2月13日、クアラルンプール国際空港で事件が発生。

朝鮮労働党の最高指導者兼会長である、金正恩の兄の金正男氏は、マカオに向かうためクアラルンプール国際空港にいた。
金正男氏は、空港ロビーで突然見知らぬ女性によって突然顔に何かを塗られた。
直後に息苦しさを感じた金正男氏は、警備員に状況を説明。

しかし、事件の約1時間半後、残念ながら息を引き取ってしまう。

空港で金正男氏に接触したのは、2人のアジア人女性。
インドネシア人のシティ・アイシャ氏
ベトナム人のドアン・ティ・フオン氏
の2人だ。

金正男氏と面識がないどころか、同氏を殺害する意図など全くなかった2人が暗殺者となったいきさつとは。

映画Assassinsストリーミング

映画Assassinsは複数のプラットフォームでストリーミング公開中。
詳細はAssassins公式サイトへ
https://www.assassins-film.co.uk/

過去には日本メディアのインタビューも

事件の影響でマレーシアと北朝鮮は断交

金正男氏殺害事件が発生ののち、マレーシア政府は事件調査のため、金正男氏の死体の解剖を行った。
しかし、これに対して北朝鮮政府がマレーシア政府を非難。
また、事件の黒幕とされる北朝鮮籍の男性らがマレーシア警察の出頭要請に応じず北朝鮮大使館に身を隠し、政治的駆け引きの後に男性らは逮捕されずマレーシアを出国した。
両国の関係を悪化させる大きな事件となった。

これがきっかけに、2017年3月にマレーシアは北朝鮮人のビザなしの入国を停止。
これに対して、北朝鮮側はマレーシア人へ「北朝鮮への入国と出国を全面的に禁止」することを発表。
マレーシア側も同様に、北朝鮮人へのマレーシアの出入りを禁止。
二カ国は事実上断交状態となった。

2019年10月にマハティール首相(当時)と、北朝鮮の崔竜海氏(最高人民会議常任委員会委員長・軍の事実上ナンバー2)が、外交関係を再確立する目的で会談を行い国交復活の兆しが。

 

タイトルとURLをコピーしました