マレーシアは糖尿病率がアジアトップ。2025年までに700万人のマレーシア人が糖尿病に

速報・時事

マレーシア大手メディアのStarの報道によると、現在360万人のマレーシア人が糖尿病と確認されており、これは東南アジアでは最も高い割合となっている。

さらに、2025年には糖尿病となるマレーシア人は倍増し、700万人に達することも予想されいる。

マレーシアでは糖尿病と診断されていない人のほうが多いとされている。
理由として、健康診断を受けない人が多いからとのこと。

マレーシアの料理は、カロリーや脂質が高いものが多い。またマレーシア人は炭水化物を多く取る傾向にある。
飲み物に関しても、甘い物が多い。コーヒーやジュースなどにも、多量の砂糖が入っている場合が多数だ。
マレーシア在住の日本人も食事には注意したい。

タイトルとURLをコピーしました