東南アジア最大の「ダイナソー・ワールド」が11月にマラッカにオープン

イベント情報

※写真はイメージ

東南アジア最大の恐竜テーマパーク

マラッカ動物園内に建設中の恐竜の世界をテーマにした「Dinosaur World」が2020年11月にオープンすることが発表された。

ダイナソー・ワールドは、様々な恐竜のレプリカやロボットの展示やイベントを行い、恐竜や動物の生態や自然について学ぶことができる学習センターとなると発表されている。

マラッカの新たな観光地となる他、映画やドラマの撮影地としても使用される予定。

ダイナソー・ワールドはマラッカ動物園内に建設中で、施設面積は1.62ヘクタールとなり、恐竜の展示施設としては東南アジア最大となる。

マラッカ動物園

ダイナソー・ワールドはマラッカ動物園内にオープン予定。

マラッカ動物園は、MCOによる営業制限で休園していたが、6月より開園。
観光客が限られる状況ではあるが、6月から9月15日までの3ヶ月間で約6万人が来園した。
マラッカ動物園を運営するハン・トゥア・ジャヤ地区議会(MPHTJ)の会長は、ダイナソー・ワールドがオープンすることで、50%の来園者の増加を見込んでいる。

また、ダイナソー・ワールドのオープン並びに学校の休暇シーズンに合わせ、マラッカ動物園は11月に3頭のオランウータンの展示を行う。また来年11月には様々な国の鳥の展示するバードショーなどのイベントの開催も予定している。

マラッカ動物園入場料
大人:RM25/外国人はRM35
子供:RM15/外国人はRM25
※2020年9月23日時点

開園時間
マラッカ動物園:9時〜18時

アクセス
住所:Lebuh Ayer Keroh, Hang Tuah Jaya, 75450 Ayer Keroh, Melaka
観光名所のWindmill Dutch Square(オランダ広場)より車で約30分

[Kenali hidupan liar di Zoo Melaka]

🐅🐅🐅🐅🐅🐅🐅🐅🐅

🐯 Harimau Malaya adalah spesies harimau belang yang hidup di Semenanjung…

Posted by Zoo Melaka & Taman Burung on Monday, September 14, 2020

タイトルとURLをコピーしました