マレーシア人が描くマレーシア漫画が日本語で登場 電子書籍で販売開始

ビジネス

マレーシア人が描くマレーシア漫画が日本語で登場 電子書籍で販売開始

2020年9月30日、マレーシア発となるコミック
「常夏の国で、君と。 マレーシア16篇の恋」、「ライデン 暴走変身宅配野郎 イン マレーシア」の日本語版が電子書籍で販売が開始された。

KADOKAWAがプロデュース

今回販売される「常夏の国で、君と。 マレーシア16篇の恋」、「ライデン 暴走変身宅配野郎 イン マレーシア」は、KADOKAWAのインバウンドコミック編集部による日本語訳版プロデュース

KADOKAWAインバウンドコミック編集部は、元月刊コミックビームの編集長奥村勝彦氏が担当。
今回発表された2作品は、KADOKAWAインバウンドコミック編集部の第一弾タイトルとなる。

マレーシアにはKADOKAWAのグループ法人KADOKAWA GEMPAK STARZがあり、学習漫画「どっちが強い!?」(角川まんが科学シリーズ)はマレーシア発で、日本で累計190万部販売されている。

どっちが強い!? カブトムシvsクワガタムシ 昆虫王、決定戦 (角川まんが科学シリーズ)
created by Rinker
KADOKAWA

常夏の国で、君と。マレーシア16篇の恋

マレーシア人作家が活き活きと描く、甘く切ない恋わずらいの話。
本音を明かせない恋、仕事と板挟みの恋、不可抗力に引き裂かれる恋、おとぎ話のような恋……。 運命に翻弄される若者の苦悩や喜びを、マレーシア人作家ファクルール・アヌールが活き活きと描き出す珠玉の短編集。

プレスリリースより引用

Fakhrul Anour氏は漫画家としてだけでなく、小説家、編集者としても活躍。

同氏は、KADOKAWAマレーシア法人が発行するGempakマガジンの編集者としてキャリアをスタート。
その後、自身の小説Only in the Love MaskSeriesとCinta Tunggalをリリース。どちらも恋愛小説で、繊細な表現が評価を受けている。

今回発表されたマンガも恋愛作品となっている。

Fakhrul Anour氏のマレー語の書籍は紀伊国屋書店で販売中

ライデン 暴走変身宅配野郎 イン マレーシア

マレーシアの変身ヒーローってどんなだ!? こんなだ!!
マレーシアのロクに働かないバカ青年・キング(名前だけは立派)。彼は適当な日々を送っていたが、突然スカウトされ、無理矢理変身ヒーローにされてしまう。 彼の相棒は高性能だが、超ダサいバイク(しかも変態)、そしてワケのわからない宅配ボックス(やっぱり変態)の2名!!
悪霊の化身(だけど変態)相手に大暴れで配達する!!さすが南国、ワケがわからない!!

プレスリリースより引用

著者のZINT氏は、イポー出身。
グラフィックデザイナーを経て、漫画家に。

2014年には、同氏が描いたマンガ「User, Volume 1」が、外務省主催の第7回国際漫画賞を受賞している。

ZINT氏のマレー語のマンガは紀伊国屋書店で販売中

※画像はプレスリリースより引用

タイトルとURLをコピーしました