フードデリバリーがドライバー不足 配達遅延やキャンセル相次ぐ セルフピックアップがオススメ

クアラルンプール

キャンセルやオーダー遅延が頻発

ここ数日、クアラルンプールやセランゴールなどの地域にて、フードデリバリーの遅延やキャンセルが頻繁に起こっている。


GrabfoodやFoodpandaなどのフードデリバリーアプリで、
・あるはずのレストランが見つからない
・ドライバーが見つからずにキャンセルになる
・配達の遅延
などが頻繁に発生。

オーダーがキャンセルされるなどの問題発生の理由はいくつかの要因があるが、主に下記の要因が挙げられる。
ドライバー数の減少
②アプリユーザー数の増加
③ピーク時に雨が降る
④ラマダン月の影響

写真引用:Mashable SE Asia

需要と供給の反比例

MCO(活動制限)による外出や店内飲食の制限によって、2020年3月以降マレーシアのフードデリバリー市場は急拡大した。

一方で、コロナウィルスパンデミックや長引くMCOにより経済成長が停滞し、職を失った人も多い。
職を失った人がデリバリーの仕事を始めたり、仕事の後や、学生がオンライン授業後にパートタイムとしてデリバリーの仕事を行う人も増えていた。

しかし、マレーシアでは徐々にMCOによる規制が緩やかになり、オフィスへの出勤や対面の授業などが再開。
経済も徐々に回復してきており、フードデリバリーから別の職へ就く人、出勤や登校によりデリバリーのパートタイムができなくなった人なども多くおり、現在ドライバーが減少している。

デリバリーサービスを行うDegoRideでは、3月〜4月の間で、ドライバーが約85%減少している。

最近ではディナーのピークの時間帯に雨が降ることも多く、さらに需要と供給のバランスが崩れることも。

また、4月14日から一ヶ月間はラマダン月により、イスラム教徒は日没後に食事を取るため、ディナーの注文のピークの時間帯にイスラム教徒のドライバーたちが食事をとっており、ドライバーが少ないということも。

遅延やキャンセル対策

フードデリバリーでオーダーをして、取りたい時間に食事が取れればベストだが、オーダーがキャンセルされる場合や、待ち時間は長い場合などは近所のレストランでのセルフピックアップがオススメ

セルフピックアップのメリット
デリバリーの待ち時間がない
・アプリで注文できるため店頭での待ち時間がない
・アプリでの注文なので支払いが楽
割引がある
・雨天時など、ドライバーが見つからない問題がない
・複数の配達や道に迷う等で余計に時間がかかることがない
・配達中に食べ物がこぼれる・冷めるなどのトラブルがない

などのメリットがあり、徒歩圏内や帰宅途中にお店がある場合などは、セルフピックアップがおすすめ。

中でもオススメは、Foodpandaのセルフピックアップ。

Grabとの違いとして、注文料金から10%~30%の割引(店舗により割引率変化)があること。

また、サブスクリプションのpandapro(RM14.9/月)を契約すると、さらに5%の割引となるので、
近所にfoodpanda対応のレストランが複数あり、よく利用する人には非常にオススメ。

例えば上記のレストランで、ハンバーガーのセットを2つ注文した場合、
Foodpandaセルフピックアップで30% + pandaproで5% = 35%割引で、
通常RM52のところRM31.20と、RM20以上お得な値段で注文が可能。

セルフピックアップは、Foodpandaのアプリを開き、Pick-upをタップするとSelf-pickupでの注文が可能。
お店に行き、「foodpanda self-pickup」と伝えて注文後の画面を見せればOKです。

foodpanda未登録の方は、下記リンクからfoodpandaに登録するとRM7分のバウチャーがもらえます。(私にもRM7分のバウチャーが入ります)
foodpanda登録

※最初の注文時(RM20以上)にバウチャー付与、バウチャーはfoodpanda登録から31日間有効

僕とおとうとのハラルご飯[1・2話合本版]【電子書籍】[ 山本三筋 ]
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました