フードパンダ配達員にRM1000(約2万6000円)のチップを渡す ネットで話題に マレーシアセランゴール

ネットで話題

フードパンダライダーにRM1000のチップ

「ボウルの中の封筒を持って行ってください」

2021年2月21日にフードパンダのライダー(配達員)が、RM1,000(約2万6000円)のチップをもらったとの投稿が話題になっている。

フードパンダのライダーである、Muhammad Faris氏は、Facebookのコミュニティグループ “FoodPanda Rider Malaysia” に「食品の配達時にRM1,000」のチップをもらったことを投稿。ソーシャルメディアで拡散され話題になっている。

フードパンダのライダー(配達員)であるMuhammad Faris氏は、2月20日の午後5時頃フードパンダのデリバリーのオーダーを受けた。
レストランから料理を受け取り、セランゴール州Ampangの顧客に届けようとすると、
顧客から家の門に入って白いテーブルに食べ物を置いてください。それからテーブルの上のボウルの中に封筒があるのでそれを持って行ってください。ありがとうございます。」
とメッセージを受け取る

デリバリーライダーの男性は、配達場所である家に到着した旨と、封筒を持っていく旨をメッセージにて通知。

そして男性は封筒の中身を確認すると、そこにはRM50のお札が20枚入っていた。

写真引用:Facobook FoodPanda Rider Malaysia

ありえないチップの金額に男性は驚愕

フードパンダライダーの男性は2020年初めからフードデリバリーの仕事を行っており、これまでにも男性はチップを受け取ったことがあり、RM50(約1,300円)が最も金額の大きいチップだった。

今回受け取ったのは過去最大金額の20倍となるRM1000(約2万6000円)。
信じられない金額を目にした男性は、すぐに食べ物を届けた顧客へ再度メッセージを送信。
「これは本当ですか?冗談ではありませんよね?RM1000が入っています」

するとチップを渡した顧客から返信があり、
「はい。それはあなたの運です。私が子供を授かれるように祈ってください。また、受け取ったお金は後であなたの友人と共有し、私が子供を授かるように一緒に祈ってください。」
とメッセージに書かれていた。

男性は、「子供を授かるように祈ります。感謝で言葉が出ません。」と返信をした。

もらったお金は寄付に

マレーシアのメディアHarian Metroのインタビューで、男性は「一連の出来事をFacebookで共有したくないと思ったが、話を共有すれば、より多くの人々が女性のために祈ると思った」と話している。
また、お金の使い道について「まだお金を使っていないが、孤児などの恵まれない人々に寄付することを考えており、その行いによりアッラー(イスラムの神)が女性の子供を授かるという願いを叶えるのでは」と話している。

 

タイトルとURLをコピーしました