マレーシアの大手メディアThe StarがGACKT氏の発言を紹介「日本の歌手GACKTがマレーシアの行動制限を称賛」

ネットで話題

GACKT氏日本のコロナ対応「狂っている」

GACKT氏が4月9日、フジテレビ「直撃!シンソウ坂上」にテレビ電話で生出演し、新型コロナウイルスに対する日本の対応について言及した。

GACKT氏はクアラルンプール在住で、マレーシアは現在ロックダウン及び行動制限を行っている。

司会者の坂上忍氏から「マレーシアから今の日本の現状を見て、今の日本はどう映ってます?」尋ねられると、
GACKT氏は「正直な話ですか?言葉を選ばずに言っていいのであれば、狂ってますよ」とコメント。

マレーシア大手メディアが番組を取り上げる

4月15日、マレーシアの大手メディアThe Starは「日本の歌手GACKTがマレーシアの行動制限を称賛」との見出しで紹介。

記事内では、番組でのガクト氏について下記のように紹介。

Mizerable、Dears、Redemptionなどのなどのヒット曲だのほかにも、アニメやテレビドラマ、ゲームに曲を提供したことで有名。
彼は現在クアラルンプールの高級住宅地に住んでおり、過去8年の間マレーシアを第二の故郷にしてる。

また、番組内での発言について、

「仲間から、クアラルンプールは大丈夫?と聞かれるが、日本のほうがよほど危ない。危機感がりないのはそっち」
など、GACKT氏の発言を取り上げるとともに、

「日本と比較したうえで、行動制限令(MCO)に基づくマレーシアの行動は、クアラルンプール在住の日本のシンガーソングライターのGACKT氏から称賛を受けています。」と報道している。

また、日本のコロナウィルスへの対応についても言及。
「4月7日、日本はコロナウィルスのケースの急増により、7つの地域で緊急事態宣言を発令」
「一部の日本人からは、緊急事態宣言はもっと早急に発令されるべきだったと批判も出ている」
と記事の中で触れている。
記事参照:Japanese singer Gackt praises Malaysia’s MCO operation (The Star)

マレーシア人の反応は

GACKT氏が出演した番組は、映像のコピーにマレー語の字幕がつけられ、4月11日にソーシャルメディアで拡散された。
該当の投稿は、4月15日正午時点で、Fecobookだけで2000件以上共有され、他のソーシャルメディアでも拡散されている。

動画に対し、マレーシア人からは下記のようなコメントが寄せられている。
(一部コメントを上記投稿のコメント欄から翻訳)

「マレーシアの一人当たりの経済支援は少ない額だけど、暴動にはならない。なぜなら首相が行動していて、皆新首相を尊敬しているから」
「GACKTの話し方はとても穏やかでマレーシア人ではないね」*マレーシア人はもっと強い口調で話すの意
「*Azwan Aliを思い出して。同じファッションをしてる」*マレーシアの芸能人でファッションが独特

 

View this post on Instagram

 

A post shared by DIVA AA OFFICIAL (@divaazwanaliofficial) on

タイトルとURLをコピーしました