Grabが食料品配達のサービスを正式リリース GrabSupermarketの使い方

クアラルンプール

Grabが食料品配達のサービスを正式リリース

GrabSupermarketを正式リリース

2020年12月2日、配車サービスやフードデリバリーを行うGrabが、食料品の配達を行うGrabSupermarket(グラブスーパーマーケット)を、クランバレー地域にてに正式リリースした。

GrabSupermarketは、食料品や消耗品、生活必需品など2,500以上の商品から顧客がGrabアプリ上でオーダーし、24時間以内に配達される
12月3日時点では送料が無料。
注意点として、GrabSupermarketの配達は20時〜22時半のみとなっている(2020年12月時点)。

2020年11月にセランゴール州の一部地域でテストが行われていたが、12月2日クランバレー地域(クアラルンプールとセランゴール)にて正式にサービスが開始された。

GrabSupermarketを使うメリット

GrabSupermarketを使うメリットとして下記が挙げられる。

  1. 買い物の時間と手間を削減
  2. 外出不要でコロナウィルス感染リスクの低下
  3. 配達日時の指定が可能(20時〜22時半の間)
  4. 送料無料(12月3日現在)
  5. 重い物でも自宅まで配達
  6. Grabポイントが貯まる
  7. GrabPay決済で5%オフ(プラチナランクユーザーのみ)

GrabSupermarketのデメリット

一方で考えられるデメリットもあるので、購入する商品等は吟味したい。

  1. 鮮度や大きさなど商品の状態が到着までわからない
  2. セール・安売り等は基本的にない
  3. 配達時間枠が20時〜22時半のみ(2020年12月現在)

GrabSupermarketの使い方

Grabアプリ内の「Mart」から利用可能。

DELIVER TOで配達先を指定。
Categoriesや検索ボックスにて、商品を検索して買い物かごに追加。
View Basketにて、商品の確認や配達の日時指定が可能。

今後他の地域にも拡大

GrabMalaysiaのマネージングディレクターであるSeanGoh氏は「GrabSupermarketはクランバレー地域でサービスを開始しましたが、マレーシアの他の都市にもサービスを拡大する予定です」と発表している。

また、同氏は「私たちGrabの目標は、マレーシアのすべての家庭に、最高の価格で最高の鮮度の商品を配達料無料で提供することです。さらにGrabSupermarketが全てのドライバーにさらに多くの収入を得られる機会をもたらすことを願っています」と発表している。

※写真はGrabプレスリリースから引用

タイトルとURLをコピーしました