日本からマレーシアに2万個の個人用保護具無償供与 コロナウィルス対策支援

速報・時事

日本からマレーシアに個人用保護具無償供与

フロントライナーへ届けられる

2021年2月11日、新型コロナウイルス対策として日本政府からマレーシア国家災害管理庁に21,200個の個人防護具供与を行うためのバーチャル署名式を行った。
今回の個人防護具供与は日本政府からJICAを通じて行われている。

日本政府が供与した個人用保護具:
・隔離ガウン 7,600枚
・カバーオール 7,600枚
・N95マスク 3,000枚
・ニトリル製手袋 3,000枚

提供された個人防具は警察や軍など、主にMCO(活動制限)期間中に最前線で活躍するフロントライナーの人々に届けられる予定。

署名式には、日本政府からは在マレーシア日本大使館の岡浩大使が出席、マレーシア国家災害管理庁(NADMA)からはアミヌディン長官が出席した。

岡大使は、署名式で下記の通り述べている。

この場を借りて、マレーシアに住むすべての日本人を代表して、マレーシア政府とNADMA、特にアミヌディン長官のリーダーシップの下、COVID-19によるリスクからマレーシアに住む私たちを守るための献身的な努力に、深い感謝と深い敬意を表したいと思います。(中略)
日本政府は、マレーシア政府と協力して、COVID-19がもたらす未曾有の困難に対処しマレーシアの人々を支援するために、様々な支援を行ってきました。例えば、社会的弱者を支援するため、国際機関を通じた緊急人道支援をマレーシア国内で行ってきました。また、先日、アドハム保健大臣との間で、日本からマレーシアへの医療機器無償供与のための交換公文に署名しました。(中略)
最後になりましたが、お忙しい中、このオンライン式典にご出席いただきましたことに、アミヌディン長官をはじめ皆様に改めて感謝申し上げます。今回のPPE供与がマレーシア政府や国民のために活用されることを願っています。また、マレーシアと日本の協力の重要な柱である災害リスク管理の分野でNADMAとの協力関係をさらに発展させ、両国の国民のために役立つことを願っています。
−マレーシア日本大使館Webページ-JICAを通じた日本政府からNADMAへの個人用保護具(PPE)供与より一部引用

日本からマレーシアのコロナ関連支援

日本からマレーシアへのコロナウィルス対策支援は定期的に行われている。

日本政府は2020年3月より国際赤十字・赤新月社連盟を通じて約2,400万ドルの支援を行っており、97万ドルがマレーシアに割り当てられた。
マレーシアに割り当てられた資金から、食料、衛生品、医療用車両、オンライン会議用のICT機器、オンライン教育のための教育支援などの提供が行われている。

2020年10月には日本政府からマレーシア政府に、アビガン2500錠の無償供与を行っている。

マレーシアのコロナとワクチンの状況

マレーシアは2021年2月12日時点で新型コロナウイルスの感染者が累計25万8306人、死者が953人となっており、新規感染者は1日あたり3000人台の増。

2月13日現在マレーシアのほぼすべての地域でMCO(活動制限)が行われている。
MCOにより企業の活動や個人の生活に一部制限が課されているが、2月10日より店内飲食が許可、12日よりジムなどの営業が許可されるなど、MCO下でも徐々に制限緩和が行われている。
また、COVID-19ワクチン供給特別委員会は2月11日に、マレーシア国内に住む外国人もワクチン無料接種の対象となることを発表。
国家ワクチンプログラムは2021年2月末よりスタート。マレーシア国民が優先となり、外国人向けのワクチン情報やスケジュールは後日発表される。
保険省の調査では、マレーシア国民の67%がワクチン接種に肯定的であるとと分かっている。
しかし、集団免疫達成には人口の80%以上の接種が必要となるとみられている。
マレーシアでの最初のワクチン接種はムヒディン首相になると発表されており、首相自らワクチンの安全性をアピールすることで、国民の不安を和らげる狙いがあるとみられる。
タイトルとURLをコピーしました