マレーシア入国後のコロナ隔離期間が最短7日に短縮 2020年12月14日から

速報・時事

マレーシア入国後のコロナ隔離期間が10日に短縮

隔離期間が14日から最短7日に

2020年12月13日 マレーシア保健省は、コロナウィルスの隔離期間をこれまでの14日間から10日間に短縮することを発表した。
隔離期間の短縮は、海外からの入国者並びにコロナウィルス感染者との濃厚接触者と特定された人の両方が対象となる。
新たな隔離期間の適用は1214日から

マレーシア保健省は、この決定は現在のコロナウィルスの状況と世界中の臨床研究結果を元に決定されたと発表している。
同省は、コロナウィルス感染から期間が経つごとに感染リスクは減少し、最もリスクが高いのは感染から1週間のため、隔離期間を10日に短縮すると発表。

【12月15日更新】

2020年12月15日、マレーシア政府はマレーシア入国者を対象にマレーシアでの隔離が最短7日になるガイドラインを発表。

渡航の3日前にPCR検査を受けた場合、検査日〜渡航までの3日間を隔離の10日間から差し引くことを発表。

これにより、マレーシア国内での隔離期間は7日間となる。

海外でも隔離期間の短縮を行う国も

アメリカでは、2020年12月3日にコロナウィルス患者の濃厚接触者への隔離期間の短縮を発表。
隔離期間を従来の14日から、検査や症状によって7日間または10日間に短縮が可能とのガイドラインを発表している。

イギリスでも12月14日から、隔離期間を従来の14日間から10日間へ短縮する。
また、ドイツやベルギーでも隔離期間は10日間となっている。

日本人商工会議所から政府に隔離期間短縮の提言も

隔離期間の短縮が発表された3日前となる2020年12月10日に、マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)より、マレーシア政府並びに日本政府に隔離期間の短縮の提言が行われていた。
マレーシア日本人商工会議所は、マレーシアに在住する日本人の一時帰国に伴う隔離期間を、従来の14日から5日に短縮するよう求めていた。

マレーシア日本人商工会議所は、5日間の根拠として、
・日本出国日から遡って3日以内にPCR検査
(出発3日前に受検した場合、この日を隔離期間1日目とカウント)
・マレーシア入国 (隔離4日目)
・マレーシア入国後3日目でのPCR検査 (隔離6日目)
・検査より2日後に検査結果が出る(隔離8日目)
上記、日本でのPCR検査〜マレーシアでのPCR検査結果が出るまでの8日間を隔離期間とみなし、マレーシア国内での隔離期間を5日間に短縮するよう求めていた。

マレーシア日本人商工会議所の広報は、年末年始に日本に帰国したい在マレーシアの日本人が多いが、14日間の隔離期間があることで年末年始の帰国へのハードルが上がっているとマレーシア日本人商工会議所内で声が上がったため、提言へ至ったと発表している。

タイトルとURLをコピーしました