行動制限期間中Grabは売上が30%増、飲食店の売り上げは上がらずGrabへ支払う手数料は最大35%

KL

行動制限と飲食店の営業制限

マレーシアでは、コロナウィルスの影響で3月18日から5月12日まで全土に行動制限令(Movement Control Order) が発令されている。

行動制限により、企業の活動は制限されているが、飲食店やフードデリバリーのサービスは「生活必需」として除外され、営業が許可されている。
営業には制限があり、許可されているのは持ち帰りのみで店内での飲食は不可。

行動制限により需要増。Grabは売り上げが30%増

行動制限により、フードデリバリーの需要が急増している。

マレーシアのフードデリバリー大手のGrabは、メディアに対し下記の通り語った。

行動制限期間中のフードデリバリー需要は急増し、30%以上の成長率となっている」
「Grabは、10,000人以上のドライバーが配達パートナーとして登録しており、マレーシア人が日常の重要なニーズに便利かつ安全にアクセスできるようにすると同時に、すべてのパートナー(ドライバー、飲食店含む)がプラットフォームで収入を得続けることができるようにしています。」

飲食店がGrabに支払う手数料は最大35%

デリバリーサービスの需要拡大も、飲食店は手放しに喜べる状況ではない。

行動制限により、売り上げはデリバリーサービスに大きく依存している。
しかし、デリバリープラットフォーム経由で注文を受けた場合、売り上げからプラットフォームへの手数料が差し引かれる。

マラッカの飲食店のオーナーはメディアの取材に対して下記のように語っている。

「Grabでの売り上げが好調だったため、うちのレストランはGrabのナンバーワンクライアントに選ばれました。それによってデリバリーの注文が15%増加しています。」

それでも状況は深刻だ。

Grabfoodでの需要は増えたものの、全体の売り上げは60%の減少。
また、Grabfoodでの注文場合は、売り上げの25%~35%が手数料としてGrabに支払わなければならない。

「デリバリーへ移行しても、全ての賃貸物件のオーナーが賃料割引や払い戻しを行ってくれるわけではなく、高額な賃料を引き続き支払わなければならない」と飲食店オーナーは語った。

お店を支援するためには直接注文を

行動制限は中小企業にとって非常に厳しい状況を作っている。
飲食店(特に中・小規模)にとっては大きな打撃だ。

飲食店によっては、電話・Whatsapp・TwitterのDMなどで注文を受け付けているところもある。
お店に直接注文した場合、中間の手数料はかからず、売り上げがそのままお店に入る。

応援しているレストラン等あればぜひ直接注文をしたい。

直接注文ができるクアラルンプール・ペタリンジャヤのおすすめレストラン

*直接注文は行動制限期間中のみ
*情報は4月4日時点

  1. 葡萄酒百味処 紫音(アラダマンサラ)
    オーナーTwitter:@ronma98085715
    注文: WahtsApp – 0178895061
    持ち帰り(メニュー)
  2. MAKI JAPANESE RESTAURANT(ハタマス)
    Twitter:@restaurant_maki
    注文:電話 011-3350-6649(日本語可)
    持ち帰りまたはデリバリー(モントキアラ)
  3. Bakery Cafe HACHI(モントキアラ)
    Facebook: BakeryCafeHACHI
    注文:LINE サウジャナヴィラパブリカ
    デリバリー(サウジャナヴィラ、パブリカ)
  4. シャカリキ432(ハタマス)
    Webサイトのメニュー
    注文:LINE
    デリバリー(モントキアラ)、持ち帰り(ハタマス店)
  5. Basil Pasta House(Kuchai Lama)
    Fecebookページのメニュー
    注文:Whatsapp – 0193551855 または電話 – 0379728884
    デリバリー(Klang Valley)、持ち帰り

行動制限期間中に直接注文ができるおすすめレストランがあれば、当サイトのTwitterまでお知らせください。

タイトルとURLをコピーしました