マレーシア モンスーンの影響により雨と風は1月まで続く。洪水により1万人以上が避難。

KL

モンスーンの影響により、先週末にマレーシア各地で大雨が記録された。

シンガポール気象庁による発表では、11月に始まるモンスーンのシーズンには「ウェットフェーズ」と「ドライフェーズ」の2つのフェーズがあり、現在のウェットフェーズは1月まで続くとのこと。
その後のドライフェーズは、2月から3月まで続く。

雨と風のピークは1月と予想されており、雨が多い日はしばらく続きそうだ。

12月16日の大雨と強風により、マレーシアの一部地域では、雷雨警報が発令され、ジョホールとパハンの一部地域では、洪水による避難者の急増が報告された。
マレーシア全土では、10,000人以上が避難していると報道されている。

下記はジョホールで起こった洪水の様子。

また、同日クアラルンプールでも、IKEA Cherasの地下駐車場が浸水した。

Facebook Watchから: Klangkampunghalamankuさん
Difahamkan IKEA Cheras banjir. Musim hujan ni jangan park dekat level B2. Air sampai buku lali. Akibatnya kena berkaki ayam cari kereta. 😏

 

タイトルとURLをコピーしました