Mr.DIY過去最高の純利益 上場後株価も上昇 マレーシア株投資

速報・時事
MR DIYは、新たな高水準を拡大し続けています
引用:MrDIY

Mr.DIY過去最高の純利益 (21年第1四半期)

2021年4月30日、マレーシア最大のホームセンターMr DIYを運営するDIY Group (M) Bhdは、2021年第1四半期(1月1日〜3月31日)の純利益が過去最高となったことを発表した。

同社の21年第1四半期の純利益はRM1億2,479万で、前年同期のRM5,846万から2倍以上となった。

純利益倍増の理由として、

  • コロナウィルスに関する規制の緩和などでの購買力の回復
  • 1店舗あたりの月間平均売上高の増加
  • 店舗数の増加
  • オンラインショッピングへの進出

が挙げられている。

特に店舗数の増加について、DIY Groupは、2020年よりホームセンターのMr DIYの他にも、RM2, RM5の定額ストア「MR.DOLLAR」や、おもちゃ屋「MR.TOY」の出店を加速している。

引用:MrDoller

出店の増加により、グループの店舗数は20年第1四半期は628店舗だったのに対し、21年の第1四半期には25.5%の増の788店舗となった。

Mr.DIYのCEOであるAdrian Ong氏は、21年第一四半期の過去最高純利益について、
「成長戦略の基盤となっているのは、拡大する店舗ネットワークと幅広い商品群、そしてEコマースへの投資によるアクセス性の向上です。今後も当グループは、Mr.DIY、Mr.Toy、Mr.Dollarの3つのブランドの店舗網を戦略的に拡大することで、持続的な成長を実現していきます」と発表している。

同社は、2021年の目標としてマレーシア内に
Mr.DIY:100店舗
Mr.DOLLAR:50店舗
Mr.TOY:25店舗
のオープンを行うと発表している。

同社の株価は好調

DIY Group (M) Bhdは、2020年10月にIPOを実施。
機関投資家と個人投資家の両方から約15億リンギを調達した。

20年10月にマレーシア証券取引所に上場し、その後も株価は上昇を続けている。

同社の株は、マレーシアの楽天証券 Rakuten Tradeで取引可能(要マレーシアビザ)
楽天トレード登録:https://www.rakutentrade.my

Rakuten Trade登録方法は下記で解説

マレーシア株への投資チャンス?マレーシア市場には掘り出し物や高利回り・高配当が
マレーシア証券市場は今が買い時? Areca Capitalの最高責任者であるダニーウォンテックメン氏は、世界的なコロナウィルスのパンデミックに見舞われている中、マレーシアの株式市場に掘り出し物が多くあると発表している。 この発表は世界...
タイトルとURLをコピーしました