2020年マレーシアの大富豪ランキング│フォーブスランキング

ビジネス

フォーブスが「2020年 マレーシアの大富豪リスト」を公開。
マレーシアリンギットの弱さと、マレーシア市場の株価下落により、マレーシア上位50人の富豪たちの合計資産は昨年と比べて7%減少している。

マレーシアで一番の大富豪は、Robert Kuok(ロバート・クオック)。
クオックグループのオーナーで、マレーシア、シンガポール、香港を中心に、パーム油や農産品の取引・加工、不動産・ホテル事業、海運、輸送、倉庫、金融、鋼材、木材、映画館、メディア等の事業を行っている。

特にホテル事業では、シャングリラホテルが有名で、アジアを中心に世界の都市に展開。

クオックの純資産は115億ドル。
直近1年で資産が10億ドル以上減少しているが、20年以上にわたり、上位の座をキープしている。

マレーシア2番目の資産家はQuek Leng Chan(クエ・リン・チャン)。
Hong Leongグループのオーナーで、主に金融、不動産、製造などを展開。
一般的にはHong Leong Bankが有名。
クエ・リン・チャンの資産は97億ドル。

3番目はAnanda Krishnan (アナンダ・クリシュナン)。
メディア、衛星、石油およびガス、通信などの事業を展開。
一般的にはマレーシアの大手通信事業者Maxisが有名。
ブリックフィールズ出身のインド系マレーシア人。
アナンダ・クリシュナンの資産は59億ドル。



マレーシアの資産家トップ10
1位 Robert Kuok(ロバート・クオック)
資産:115億ドル
代表事業:シャングリラホテル

2位 Quek Leng Chan(クエ・リン・チャン)
資産:97億ドル
代表事業:Hong Leong Bank(ホンリョン銀行)

3位 Ananda Krishnan(アナンダ・クリシュナン)
資産:59億ドル
代表事業:Maxis(マキシス)

4位 Chen Lip Keong(チェン・リップ・ケオン)
資産:53億ドル
代表事業:カジノ

5位 Teh Hong Piow(テエ・ホン・ピョウ)
資産:48.5億ドル
代表事業:Public Bank(パブリックバンク)

6位 Lee Yeow Chor & Yeow Seng
資産:48.5億ドル
代表事業:パーム油、不動産

7位 Lim Kok Thay(リム・コック・タイ)
資産:32億ドル
代表事業:ゲンティングループ

8位 Koon Poh Keong,Poh Ming & Poh Weng
資産:30億ドル
代表事業:アルミニウム生産

9位 Kuan Kam Hon (クアン・カムホン)
資産:28億ドル
代表事業:ゴム手袋製造

10位 Lau Cho Kun(ラウ・チョー・クン)
資産:23億ドル
代表事業:パーム油、不動産

参考:2020 Malaysia’s 50 Richest(英文記事)

タイトルとURLをコピーしました