パナソニックがGrab車両にナノイー発生装置を設置 クアラルンプール、シンガポールなど5都市で5500台

クアラルンプール

パナソニックがGrab車両にナノイー発生装置を提供 KLなど5都市で5500台稼働

Grabの車両にナノイー発生装置を搭載

2021年1月14日、パナソニック株式会社は東南アジアで配送サービスなどを運営するGrabの車両にてナノイーXの発生装置を設置することを発表した。

クアラルンプール、シンガポール、ホーチミン、ハノイ、ジャカルタの4か国5都市で、合計5,500台のGrabCar Premium車両に搭載される。
実施期間は2021年1月~3月末。

ナノイー発生装置は、USB給電となっており、カップホルダーに収まるサイズ。
ナノイー発生装置が搭載された車両には「nanoeX」のラッピングがされており、外からでもわかる仕様となっている。
対象はPremium車両のみ。

1月14日時点で、GrabアプリのトップページでもPRが行われている。

ナノイーとは

「ナノイー」は、空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンで、さまざまな物質に作用しやすいOHラジカル(高反応成分)を含んでいます。このOHラジカルの生成を従来比10倍(※2)に高めたのが「ナノイー X」で、脱臭(※3)や菌(※4)・アレル物質の抑制(※5)など多様な効果があることから、空気清浄機、エアコン、洗濯機、冷蔵庫といった家電製品に加え、自動車や電車、業務用空調機器などにも搭載されています。
パナソニックのプレスリリースより引用

タイトルとURLをコピーしました