イスラム教入門 ラマダンとは マレーシア2021年のラマダン日程や影響など

速報・時事

ラマダンとは

ラマダンとは断食月のことで、イスラム教徒はラマダンの約1か月間の間、日の出から日没までの時間に断食を行う
丸一日飲食を禁止しているのではなく、日没から日の出の間に飲食を行う。

断食には「欲を戒める」といった意味があり、ラマダン期間中は飲食だけでなく、性行為、喧嘩、闘争、悪口などを慎しまなければならないとされている。
欲を断つことにより、堕落した考えを捨てて自信を清め、イスラム教への信仰心を強めるとされる。

しかし、断食はイスラム教徒全員に強制するものではなく、重労働者、妊婦、幼児、老人、病人、などの事情がある人には強制的に課せられない。

また、異教徒の人にも断食が強制されるわけではないが、イスラム教徒への配慮を忘れないようにしたい。

  • 断食中に食べ物を勧めない
  • 勤務終了の時間が1時間早くなる場合がある
    (昼休みを取らない代わりに1時間早く仕事を終える)
  • 生産性が落ちる可能性がある
  • 各種手続きなどが遅れることがある

など、異教徒の人も理解や尊重をすることが大事

マレーシア2021年のラマダン期間とハリラヤ

2021年のラマダンは4月13日~5月13日となる。

イスラム教では太陰暦(1年354日)を採用していることから、ラマダンの期間は毎年11日ずつ早くなる。
2022年のラマダン期間は4月2日~5月1日。
ラマダンの開始日は、Awal Ramadanと呼ばれ、ジョホール州、マラッカ州、ケダ州では祝日となっている。

また、1か月間の断食後には、お祝いのハリラヤプアサが盛大に行われる。
2021年のハリラヤは5月14日と15日

ハリラヤはイスラム教徒にとって一年で最もおめでたい日となる。
多くの人が新調した服装で出かけ、親戚に会いに行ったり、友人と食事を楽しんだりする。
また、子供はお年玉をもらったりと、日本のお正月に似たようなイベントとなる。

コロナウィルスのラマダンへの影響

2020年はラマダン期間中に各地でコロナウィルスのクラスターが発生しており、感染者数が増加していたことから、

  • モスクの閉鎖
  • 集会の禁止(家族や親戚で集まれない)
  • バザール(露天)の禁止

などの規制があり、これまでとは全く違うラマダンとなった。

2021年はラマダンバザールが復活。CMCO地域では午後3時から午後8時に営業が可能となっている。
ラマダンバザールでは、食べ物や飲み物を楽しむことができる。

イスラム教徒でなくても、もちろんバザールへ行くことができるので、マレーシアを楽しむ一つとして参加してみるのもオススメ。
バザールへ行く際には、MySejahteraを使用したチェックインや、ソーシャルディスタンスなどのSOP遵守が必須となる。

KLで有名なラマダンバザール

※コロナウィルスの影響で開催されない可能性あり

カンポンバル(Kampung Baru)

住所:Jalan Raja Alang
アクセス:LRT Kampung Baru駅から徒歩9分

バンサー(Bangsar) ラマダンバザール

住所:Jalan Telawi 1 (Bangsar Village隣)
アクセス:LRT Bangsar駅より徒歩14分

TTDI ラマダンバザール

住所:Jalan Tun Mohd Fuad 2, Taman Tun Dr Ismail
アクセス:MRT TTDI駅より徒歩10分

ラマダンやハリラヤセールも

マレーシアの様々なお店では、ラマダン期間やラマダン終了に向けたハリラヤセールが行われる。

大手オンラインショッピングサイトのLazadaでは、5月15日まで Raya saleを開催中。

  • 幅広い商品の大幅割引
  • バウチャーの配布
  • 送料無料

などお得なプロモーションが多数。

Lazadaラマダンセールのページはこちら

僕とおとうとのハラルご飯[1・2話合本版]【電子書籍】[ 山本三筋 ]
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました