エアアジアが音楽産業に参入。アジアのポップのグローバル展開を目指す

速報・時事

エアアジアは、アメリカ音楽大手のユニバーサルミュージックとの折半の出資で、音楽レーベル「RedRecords」を立ち上げると発表した。

先日の、飲食事業への参入に続き、事業の多角化を進める。
関連記事:エアアジアの多角化。レストランとカフェの実店舗をオープン

エアアジアの航空事業以外の収入は、現在グループ全体の20%にとどまっているが、今後5年で60%になると予想されている。

エアアジアグループCEOによると、RedRecordsはアジアのアーティストの発掘、育成、プロモーション、アーティストのマネジメントを行い、アジアのポップ(A-pop)のグローバル進出に注力する。

RedRecordsは、クアラルンプール及びロサンゼルスに拠点を置く。
ユニバーサルミュージックも、2018年初めにシンガポールに新拠点を立ち上げ、アジア地域での事業の戦略的拡大を発表していた。

タイトルとURLをコピーしました