マレーシア産の卵からサルモネラ菌検出でリコール シンガポールに輸出

セランゴール

卵からサルモネラ菌検出で回収・営業停止

マレーシアから輸出の卵でサルモネラ菌検出

2021年3月12日、シンガポール食品庁(Singapore Food Agency)はマレーシアから輸入された一部の卵からサルモネラ菌を検出したと発表した。

また、3月20日にも上記とは別の輸入分で、マレーシアから輸入した卵からサルモネラ菌が検出されたことが明らかになった。

サルモネラ菌が掲出された卵の製造元の農場は出荷を停止。
対象の卵がリコール(回収)対象となっている。

リコール対象の卵の確認方法

サルモネラ菌が検出され、リコール対象となっている卵の表面に、下記のコードが印刷されている。
CES008
CEM014

画像引用: SFA

イオンもリコールを発表

イオンマレーシア(AEONE Malaysia)は、「CEM014」のコードが印刷されている卵のリコールを発表。
該当の卵とレシートを持参すると全額返金される。

[]

: “”

Posted by AEON Retail Malaysia on Saturday, March 20, 2021

セランゴール州の農場を調査

マレーシア農業・農業関連産業省獣医サービス局(DVS)は、サルモネラ菌汚染の原因を調査するため、セランゴール州にあるLay Hong社の農場を調査。
産卵のプロセスや、ワクチン接種記録、農場の疾病監視状況などを調査していると発表している。

同農場は、安全が確認できるまで商品の出荷等の営業が停止されている。

同社のエグゼクティブディレクター Yap Chor How氏は、「弊社の優先事項は顧客の安全であり、現在マレーシア農業・農業関連産業省獣医サービス局と緊密に協力して、サルモネラ菌検出に関係していると疑われる全ての農場の調査・監視をしています」と発表している。

サルモネラ菌の含まれた卵を食べると

サルモネラ菌が含まれた卵を完全に調理せずに食べると、5~72時間後に
・吐き気
・腹痛
・38度前後の発熱
・下痢
などの症状が現れる。

症状は通常3-4日続く。中には症状が1週間ほど続くことも。
また、子どもや老人の場合は重症化してごく稀に死に至るケースも。

サルモネラ感染を防ぐために

サルモネラ菌は加熱によって死滅するため、完全に調理をすれば心配はない。
目安として、食品の中心部を75℃で1分以上の加熱となる。

シンガポール食品庁は、「卵を見ただけでは、サルモネラ菌に汚染されているかはわかりません。卵白と卵黄が固まるまで卵を調理し、適切な衛生習慣を実践することで、感染のリスクを減らすことができます」と注意喚起している。
ペタリンジャヤに韓国の大手コンビニがオープン マレーシア初上陸
韓国のコンビニチェーンがマレーシア上陸 4月に最初の店舗がオープン 2021年4月1日、韓国の最大手コンビニエンスストアチェーン「CU(シーユー)」がペタリンジャヤのセンターポイントにオープンする。 CUはマレーシア初上陸となり、セン...
頭文字Dの藤原とうふ店のマレーシア版?藤原豆花店が話題 マレーシア イポー
頭文字Dの藤原とうふ店がコンセプト イポーの藤原豆花店 講談社の週刊ヤングマガジンに掲載されていたマンガ「頭文字D」(作:しげの秀一)をコンセプトにしたお店が、マレーシアで話題になっている。 マレーシア ペラ州のイポーにあるカフェ...
無印良品がバクテーの販売開始 ごはんにかけるシリーズ
無印良品でマレーシアのバクテーが販売開始 無印食品は「ごはんにかける」シリーズをリニューアル。 2020年8月26日から全国の無印良品の店舗とネットストアで販売開始する。 リニューアルでは、内容量の増量と味の改良が行われた。 ま...
タイトルとURLをコピーしました