マレーシア サンウェイで偽の警察官が車などを強奪 被害者は3時間監禁の後解放

速報・時事

マレーシア サンウェイで偽の警察官が車などRM70,000相当を強奪

偽の警察官4人が車などを強奪 180万円相当の被害

警察官と名乗る4人組によって3時間監禁ののち、車などが奪われる事件が起こった。

2021年1月5日午後8時45分頃、35歳の男性は友人と会うため、自身の車を運転してスバンジャヤの自宅から一人で外出。

自宅から少し走行したところで、後方の車がハイビームを点灯しながら近づいてくることに気づいた
男性はそのまま運転を続けたが、サンウェイ料金所を通過する際にハイビームを点灯してきた車が、男性の車の前に割り込んで進路を塞いだ。

男性は仕方なく車を停車したところ、進路を塞いだ車からは4人の男性が降りてきた。
4人の男性たちは自身らが警察官だと名乗り、男性に捜査に協力するよう依頼。

被害者の男性は、警察官と名乗る男性たちの指示に従い、自身の車から降りて警察の車に乗車
警察官と名乗る男性の1人が被害者男性の車を運転した。

3時間の監禁の後に身ぐるみを剥がされ解放

被害者男性を乗せる警察官の車は、3時間の移動の後にサンウェイ料金所から約40km離れたBukit Beruntungの工場地帯に到着
被害者の男性は車や所持品を奪われたまま、車から降ろされた。

警察官と名乗る男性達は、被害者男性の車、携帯電話、ATMカード、現金RM300など、合計RM70,000(約180万円)相当を奪い逃走

タイトルとURLをコピーしました