【予告映像有】阿部寛出演「夕霧花園」日本公開決定 マレーシア映画

日本
イブニングミストの庭メイン写真
引用;globetrottermag

マレーシア映画「夕霧花園」が日本公開

阿部寛も出演するマレーシア映画「夕霧花園」の日本での公開が発表された。
2021年7月24日(土)に渋谷ユーロスペースにて公開予定。
※夕霧花園(ゆうぎりかえん)の英語名:The Garden of Evening Mists

同作品は、マレーシアの小説家タン・トゥアンエン(Tan Twan Eng)の小説「The Garden of Evening Mists(2012)」が原作。
台湾の映画監督のトム・リン(Tom Lin Shu-yin)が映画化したラブストーリー。

trailer alert "the garden of evening mists" — Globetrotter Magazine
引用;IMdb

夕霧花園のストーリー

映画は1940年代、第二次世界大戦中のマレーシアが舞台。
日本の戦争収容所に投獄されながらも、自ら逃げ出して生き延びたマレーシア人のヒロインのユンリンは、妹を殺した日本人を恨んでいたが、亡き妹の夢であった日本庭園作りに挑むためにキャメロンハイランドに移り住む。

キャメロンハイランドで日本人の有名な庭師、中村(阿部寛)と出会う。
ユンリンは中村の元で働き始め、ミステリアスでぶっきらぼうに指示を出す中村に嫌悪感を抱いていたが、中村から日本庭園について学ぶ中で、互いに惹かれあっていく。

日本軍がマレーシアの統治を行なっているなかで、二国の因縁を超えた恋が1940年代、1950年代、1980年代という3つの時間軸を通して映し出されていく。

HBO Asia - The Garden of Evening Mists - Lee Sinje (3).jpg
引用;IMDb

ヒロインのユンリンを演じるのは、マレーシア クダ州アロースター出身のアンジェリカ・リー (Angelica Lee Sinje)。主に香港や台湾映画をメインに活動している。

映画はマレーシアのキャメロンハイランドで撮影されている。

同映画は2019年10月に行われた第24回釜山国際映画祭で世界初公開。
2019年11月に台湾で公開され、12月に香港で、2020年1月にマレーシア、ブルネイ、シンガポールでも公開された。

マレーシアでは映画などに検閲があり、性的な描写や暴力的なシーンがカットされることもしばしば。
映画「夕霧花園」もマレーシアで公開されたものは一部のシーンがカットされた。

海外の有名映画レビューサイトIMdbでの評価は星7.0 (10が最高)となっている。
特に、日本のマレーシア統治の中でのマレーシア人と日本人の複雑な恋愛のストーリーについて、高い評価が多い。

マレーシアの進撃の巨人はパンツを履いている?検閲により修正か
マレーシアの進撃の巨人はパンツを着用?検閲で修正か ツイッターで話題に ツイッターユーザーの @WallyyTheGreat氏が2021年2月3日に 「マレーシアの進撃の巨人のマンガは全然違う... 検閲により、巨人はパンツを履いてい...

映画名:夕霧花園 (ゆうぎりかえん)
公開日:2021年7月24日(土)
上映劇場:渋谷ユーロスペース
ソーシャルメディア:Web | Twitter

タイトルとURLをコピーしました