妻が夫に18歳のベビーシッターと結婚することを提案し実際に結婚 マレーシア

ジョホール

妻が夫に18歳のベビーシッターと結婚することを提案し実際に結婚

寛容な三角関係が話題に

マレーシアのジョホール州に住む26歳の女性は34歳の夫に、自宅で住み込みで働いている18歳のベビーシッターと結婚することを提案
妻の提案を受けて、実際に夫のサイフル氏と、ベビーシッターのエリアナ氏は結婚。

エリアナ氏が結婚式の動画をTiktokにアップロードしたところ拡散。驚きとともに、寛大な女性への賞賛と祝福の声が多く集まっている。

写真 左:第一夫人のSarifah(サリファ)氏
中央:夫のSaiful(サイフル)氏
右:第二夫人のElyana(エリアナ)氏
写真引用:Mothership.SG

@aliyamysara3maduku💚 ##fpy ##terengganukite ##johorbahru ##kawinpkp♬ original sound – Alfasubagio – alfasubagio

多くの子供を持ちたい夫に別の女性との結婚を提案

サリファ氏には7歳になる息子がいるが、2019年に2度目の流産を経験し、妊娠するリスクが高い状況だった
しかし、夫のサイフル氏がより多くの子供をもうけたいとの思いを長年隠していることに気づいていた

そこで、4年間自宅に住み込みで働き、息子の面倒を見ているベビーシッターと結婚することが最善の選択として、夫にベビーシッターとの提案した。

サリファ氏はベビーシッターのエリアナ氏についてマレーシアのメディアに、
「私は彼女を自分の妹のように考えてるので、私たちの関係は雇用主と従業員という関係ではないと感じていました。私の息子もいつも彼女の近くにいます。私は長い間彼女を知っていたので、夫の2番目の妻として受け入れてもかまいません。」
と語っている。

サリファ氏によると、 “ベビーシッターと結婚” という夫への提案に対して、夫であるサイフル氏はショックを受けていたとのこと。

結婚を提案されたベビーシッターは

自身の雇用主から、雇用主の夫と結婚することを提案されたベビーシッターのエリアナ氏は、マレーシアのメディアに対して、
「サリファが、私に夫と結婚させたいという話を聞いた時は驚きました。しかし、これは運命であり、私は彼女と長い間住んでいたので、生活を順応させるのに問題はありません。二番目の妻として結婚する準備ができています。」
「また、私はサリファと一緒に幸せな日を祝いたかったので、同じ色のウェディングドレスを着るようにサリファに頼みました」と語っている。

実際に結婚式当日には、サリファ氏とエリアナ氏がターコイズブルーのドレスを一緒に着ている写真や動画がアップロードされている。

写真 左:サリファ氏、右:エリアナ氏
写真引用:Mothership.SG


写真引用:Mothership.SG

イスラム教 一夫多妻の実情

イスラム教では、4人までの妻帯が認めてられている。
一夫多妻=ハーレムや王様のように複数の女性を…といったイメージを持つ人が多いが、夫が複数の妻に平等に扶助するなどの義務を守らない場合や最初の妻が二番目の妻を作ることを拒否する場合などは離婚と賠償の根拠となり、男性が好き勝手できるという制度ではない。

社会団体シスターズ・イン・イスラムが2019年に行なった調査では、
マレーシアのイスラム教徒女性の70%が一夫多妻制に理解を示しており、
32%の女性が自身の夫が複数の妻を持つことを受け入れると回答している。
参考:Malay Mail – Malaysian Muslim women agree on polygamy, but only a third say hubby can take new wife

タイトルとURLをコピーしました